2009年4月27日月曜日

DUT 3rd Birthday party!!



2009/4/24(FRI)@Triangle

DO UR THING 3rd ANNIVERSARY SPECIAL

RESIDENTS DJ:TWO SEVEN CLASH/ MONKEY

SPECIAL GUEST live&DJ: ONRA (PARIS/ALL CITY/CIRCULATIONS)

http://www.myspace.com/onra

Guest dj:
mfp
Noah 
sauce81(cosmopolyphonic radio)

2009年4月26日日曜日

All u need is DO UR THING

This tune is dedicated to celebration of 3rd birthday of DO UR THING and 10th anniversary of the death of Roger Troutman from Zapp.

This tune gonna be DUT classic!!


video

The sample is taken by this tune...

The humanbody/nature's song




Here is another movie from DUT 3rd anniversary party.

Noah dj set ”The big pay &Reggie B-New worlds"
video


Aroop roy dj set 
”Lady Alma / Running For Nothing -Simbad Remix "



video

2009年4月21日火曜日

The Baker Brothers来日公演 in 大阪

少し先の話になりますが、ボクの大好きなUKのJAZZ FUNKバンド、
The Baker Brothers
初のカヴァー・アルバムを記念して、7月に来日です。

The Baker Brothers聴いたことのない方へ



そして、The Baker Brothersといえば、この曲!!!

Walk Into My World Domu Broken Remix


今回、公演は東京、横浜、京都、大阪の4ヶ所。

そしてなんと、その大阪公演で DJで出演することになりました!!

大阪では出演バンドは他にもDUTで何度も出演してもらっています、
マイメン、TAIZO率いるFABULOUS VIBRATIONS 
そして、東京と大阪だけですよ、quasimodeも出演いたします

今までライブ会場で、Opening、バンドの転換時、お客さんが帰るまで
やったことないんですが、お客さんがライブを楽しんでもらえるような
BGMを流して雰囲気を作りたいと思います。


今から楽しみ!!


あらためてましてツアーの日程は以下の通り。









SOULTAGE RECORDS presentsTHE BAKER BROTHERS   
"Avid Sounds In With The Out Japan Crowd" Tour' 09 Supported By PUMA

7/18(土) 京都METRO
17:30 開場/18:00開演
Live: Nabowa
(問) YUMEBANCHI 06-6341-3525
http://www.yumebanchi.jp

7/19(日) 横浜Motion Blue
1st 16:00 開場/17:30開演
2nd 19:00 開場/20:30開演
(問) モーション・ブルー・ヨコハマ 045-226-1919
http://www.motionblue.co.jp

7/21(火) 大阪BIGCAT
18:00 開場/18:30開演
Guest: quasimode
Live: Fabulous Vibrations
DJ:Two Seven Clash(DO UR THING)
(問) YUMEBANCHI 06-6341-3525
http://www.yumebanchi.jp


7/22 渋谷クラブクアトロ 
18:00 開場/19:00開演
Guest: quasimode
DJ: 大塚広子
(問)渋谷クラブクアトロ 03-3477-8750
http://www.club-quattro.com

■THE BAKER BROTHERS:

兄ダン(g&or)と弟リッチー(dr)のベイカー兄弟と、悪友クリス・ペドラー(g&b)からなる3ピース・インスト・ファンク・バンド。7インチ・シングルのリリースを重ね、03年に発表した1stアルバム『テン・ペイシス』のガッツ溢れるブチ切れハイパー・ジャズ・ファンク・サウンドで全国のジャズ・ファンク・ファンの度肝を抜く。英国発バンドならではのモッズ/パンクのテイストを感じさせるそのサウンドに、新世代のジャズ・ファンク・リスナーはわしづかみにされた。06年には、ウエスト・ロンドン~ブロークン・ビーツ・シーンの中心的存在であるヴァネッサ・フリーマンをゲスト・ヴォーカルに迎えた2ndアルバム『ベイカーズ・ダズン』をリリース。デビュー作での“無鉄砲”感を残しつつ、ソウルの要素を取り入れるなど、サウンドの幅と奥行きをググっと広げている。

2009年4月19日日曜日

DUT MIX

DUT- APRIL 19, 2009 PLAYLIST

1.Azymth- "Dear Limmertz"
2.Dam Funk- "Hood Pass Intact"
3.Tettory Blk feat Bembe Segue- "International Institute"
4.Bobby Lyle- "Magic Ride"
5.Emilio Santiago- "Vem Menina"
6.Weather Report- "River People"
7.O boogie Ft Tableek- "Paper Chaser"
8.Chico Man- "Soul Freedom(Comtron Remix)
9.Carole Sylvan- "Think"
10.Dream House- "I Can Feel It"
11.Daniel Wang – "Like Some Dream (I Can't Stop Dreaming)"
12.Motor City Drum Ensemble – "Raw Cuts #2"
13.Amp Fiddler - "Riding (C2 Remix)"
14.John Arnold- "Rough"
15.Recloose- "Can It Be"
16.Inner Life- "Make It Last Forever"(Larry Levan Remix)

2009年4月11日土曜日

Kez YM -City Soul EP-

いよいよDUTまであと1週間です。

onra japan tourも後半戦に入りました。

今まで東京でのプレイオンリーだったので、
地方に行くとまた日本の印象も変わるだろし、
大阪は間違いなくインパクト残すでしょうw

simbadに『best party!!』と言わせた事もあるし、
onraにもTourの中でベストギグ、ベストクラウドと言ってもらうよう頑張ります。

さて、本日はボクの周りの素晴らしいDJ/PRODUCERを1人紹介します。

つい最近ですがドイツのandy vazが運営するレーベル、
yore recordsから4曲入りのepがリリースされた
kazuki yamaguchiこと、kez ym。

このリリースの前にはオランダの4luxからも音源をリリースしてますが、
ホント、ヤバイ曲作りますよ、彼。

千葉じゃなくてデトロイトで曲作ってんじゃない?なんて
思ってしまうんですが、人柄も非常に和み系のいい男なんで、
みなさん、一度でいいから彼のDJプレイと曲を聴いてみてください。

飛ばされますから。

前回、11月のDUTに来てもらってプレイしたけど、
是非近い内に彼をまた呼びたいと思います。

その時はヨロシクです!!


以下、プロフィール紹介。

KEZ YM




-KEZ YM PROFILE-

DJとして都内を中心に精力的に活動中。
卓越したスキルとミックスセンス、グルーヴとドープネスでフロアを魅了している。2008年秋、ロッテルダムの優良クロスオーバーレーベル4lux recordingsより12インチ「Sweetly Confused EP」をリリース。デトロイトハウス・ビートダウンの影響を色濃く受けたトラックはMoodymann、Cassy、Andy Vaz、Dubbyman、Tyler Askew等多くのDJがプレイした。
今春、Rick Wade、Alton Miller等デトロイトハウスの重鎮が所属するケルンのレーベルYore recordsと契約、まもなく12インチ「City Soul EP」をリリース予定。
Red Bull Music Academyの日本人生徒第1号 (2007年トロント)。同アカデミーではRandy Muller (Skyy/Brass Construction)、Mara TK (Electric Wire Hustle)等と楽曲をレコーディング、またスタジオでOm'Mas Keith (Sa-Ra)らとジャムセッションを行うなど、マルチ楽器演奏者としての一面も発揮している。

yore-015

Kez YM.
City Soul EP
I1. Pepe
I2. City Soul Vibrations
II1. Washing my Heart
II2. Caravan
http://www.yore-records.com/releases.php
サイトに行って曲をクリックすると試聴できます。



Peace
TSC



2009年4月9日木曜日

Onra performs "Super Genesis" Live in Tokyo

先日、RBMA JAPAN主催、Harmonic31の
アルバムリリースパーティー@Ma-Do Loungeで行われたonraのパフォーマンス。 

ヤバイいですね。 

早く大阪でも見たい!!




2009/4/24(FRI)@Triangle

DO UR THING 3rd ANNIVERSARY SPECIAL

RESIDENTS DJ:TWO SEVEN CLASH/ MONKEY

SPECIAL GUEST live&DJ: ONRA (PARIS/ALL CITY/CIRCULATIONS)

http://www.myspace.com/onra

Guest dj:
mfp
Noah
 
sauce81(cosmopolyphonic radio)


2009年4月6日月曜日

The bipolar ep by Kay Suzuki


今月末にFresh minute musicからロンドン在住の日本人プロデューサー/DJ、
Kay SuzukiのEPがリリースされます。

Kay君とは去年の3月に彼のJapan tourをDUTでやってからの仲だけど、
My favorire producerの一人で、性格もチョ~熱い、funky brother。

彼のサウンドは魂(ソウル)に響き、そして、確実に腰にきます。

聴いてて、『ワクワク』してくる感じ分かります?

あ~、踊りてぇ~とかSexしてぇ~とか何でもいいんですけど、
衝動に駆られるってやつです。

The bipolar epはデジタルでもリリースするらしいけど、
VINYLで先行リリースされるとのこと。

ボクはVinyl買って、デジタルも買いますw

以下、epから2曲がyoutubeでUPされてますので、
是非チェックしてみてください。









For more information about Kay check
http://www.myspace.com/kaysuzukimusic


Support independent artist!!

TSC

2009年4月1日水曜日

DO UR THING video Vol.2

これまた未公開のMOVIE

08年2月のSimbad Japan tour w/Jazztronik

最新のSimbad周りの音が気になる人は下記のdejavu fmを是非チェックしてみて!!
karizmaとのpodcastも聞けますよ~。

http://vulive.co.uk/content/author/simbad/

video

ONRA BLOG

4月24日のDUTにゲスト出演するONRAが日本滞在の間、毎日ブログを更新しています。

日本の文化や日本人と毎日触れ合って、エライ感銘を受けているようです。
英語ですが、興味のある方はチェックしてみてください。
写真のONRAの足元をよく見ると、adidasのトリコロールやんW
 
ONRA JAPAN TOUR BLOG
http://onrabeats.blogspot.com/
TSC

DO UR THING Article

少し前なのですが、Japanzineという日本に在住している外国人向けに発行されている
Japanzineという フリーペーパーにDO UR THINGについての記事がありますので紹介します。
ボクにインタビューしてくれたのは、マイメンZEIDA。 

ちなみにカナダ人のZEIDAはビートメイカーでもあり、
ほんとヤバイの作っています。普段はエロ外人なのにね~w
Reeeeeeespekt!!

Osaka's Broken Beat Movement
By Sam Zipursky


http://www.seekjapan.jp/article/jz/1664/Osaka

I've been waiting to give you this one for a while. Meet Ryochi Takai, one of Osaka's chief music headz, currently running a mad music party down in Ame-Mura. DUT (Do Ur Thing) is a highly respected event energizing the Triangle Club once every three months, with music crossing over from all genres to meld into what's becoming known as a legendary scene. Ryochi is a veteran of London's broken beats movement, and we feel pretty honored that he's taken time out of his busy schedule to chat with Japanzine. Ladies and gents, a drum roll please...

My man Ryochi, thanks for meeting us. Introduce yourself and tell us a bit about what you do.

Hey, what’s up! Yeah I go by the name of Two Seven Clash, DJ & Event promoter, living in Osaka. Born in '77, so that’s how I came up with the name – the 7’s are clashing together. I was born in Wakayama prefecture in Kansai. My brother and father are monks - nothing to do with me, but kinda cool. I’m doing a lot of DJing at underground parties in Osaka, and I also have my event that I throw once every 3 months called DUT. I’m into all sorts of music; you can call it crossover – broken beats, funk, soul, reggae, house; anything really. As long as it’s good, I'll play it.

How did you get into DJ’ing and international underground music?

When I was in junior high school I was really into soul music like Marvin Gaye, Otis Redding - people like that. Then, at about age 16, I got into DJing - early 90’s hip hop, Tribe Called Quest, De La Soul – golden hip hop era, you know. In terms of how I got into international underground music, I don’t know why but I really started to like sounds coming out of London and the UK. Even though music like hip hop originated in America, I still always seemed to prefer what the people in the UK were doing. I was also living out in London for a few years, and I got into the UK sounds even more

How do you feel about the Japanese underground music scene?

Well, I can only really talk about Osaka. It’s tough to bring people out to parties, for sure. It seems that there are more people organizing parties then people looking for them - kinda strange! Also, nowadays reggae and mainstream hip hop are big in Osaka. I just keep it real, so it’s a bit of a challenge to bring out the masses. One of my goals is to expose quality underground music to people that might usually only be checking out mainstream stuff.

You said you were living out in London for a while. How did that influence what you're trying to do now?

Yeah, my baby - Do Ur Thing (DUT). It’s a music event I started a while back where I bring in big DJ’s or groups from around Japan and also Europe and try to expose this music to Osaka. The focus is crossover and broken beat music so this includes jazz, soul, funk, house, and more. I am the main organizer and DJ, along with resident DJ Monkey. Then, at each party we have one or more special live groups or DJ’s that play. We’ve brought in people from London, Germany, Tokyo, Canada, and more. The parties are always busy, with a multicultural mix of good people enjoying music together – kinda like it was in London!

Where do you hold DUT, and tell us about this month's show.

Well, right now I’m holding the DUT events at Triangle Club in Ame-Mura. The next one is on Saturday June 21st and we’re having Jazztronik come to play. He’s a really famous DJ/producer from Tokyo and has gotten huge over the last few years in Japan, and also in Europe as well. We’re also having two live bands; the deep funk band called Fabulous Vibelation and afro group Bunvestoro - should be a legendary night. If you mention Japanzine at the door we’ll give you a special rate of ¥2000, which will include your first drink. So please come check this out – guaranteed good music!

Lastly man, how can people get in touch with you about events and find out more information on the Osaka music scene and what you’re up to?

Yeah, you can find us online at www.myspace.com/dutosaka, or you can email me anytime at mailto:massive6401@yahoo.co.jp?subject=Via%20Japanzine. Thanks for the interview and supporting the underground music movement in Osaka. Respect!


TSC